古本販売の特徴

古本屋を経営する場合、大切なのはどのように商品を売るかではなく、いかに商品を仕入れるかになります。普通の小売店であれば仕入先はどこもあまり変わらないので価格に大きな差は出ません。しかし古本の経由地がバラバラなので店によって大きく値段が違うこともあります。持ち込まれた商品の価値をきちんと見極める必要があるのです。新古書店では一般書を中心に扱っているのでレア本や特殊な本には少し疎く、相場よりも安い値段でこういった本が販売されていることがあります。その古本屋の非得意分野の本は安く手に入るかもしれないのです。そういったところから安く古本を手に入れてそれを転売するセドリは良くて月5-10万円ほど得られるかもしれませんが、それを本業にするのはおすすめしません。専門店ではたいていの本が高い値で売られています。その本がほしいと思っているお客さんは高い値段であろうと自分のほしい本がその店に売られていれば購入してくれるからです。お客さんは高くてもいいからも目的の本を手に入れたいと思い、その専門書店にやってくるため専門書を扱うには常にある程度の品揃えがあることが要求されます。なのでどのような本をどのように、どれくらい仕入れるのかが重視されるのです。